JPALS(ジェイパルス)の概要

1.システム構築の趣旨

 2012年4月にスタートしたJPALSは、ポートフォリオシステムとe-ラーニングシステムの2つのシステムで構成されています。ポートフォリオシステムは、日々の学習内容をノート代わりに実践記録(ポートフォリオ)するシステムであり、e-ラーニングシステムは、学習材料の一つとしてコンテンツを提供する位置づけにあります。
 実践記録(ポートフォリオ)に学習内容を記録する過程で、本会が公表している「薬剤師に求められるプロフェッショナルスタンダード」(PS)という383の到達目標を指針とし、整理しながら計画的に生涯学習を進めていただくというのが、JPALS構築の趣旨です。


2.システムの利用対象

 薬剤師国家資格を有する方および、薬学生の方
 ※薬学生の方は、ポートフォリオへの記録、e-ラーニングのご利用のみ可能です。後述のクリニカルラダー(CL)というレベルアップしていく仕組みはご利用になれません。


3.ご利用までの流れ

①「JPALS」で検索、または日本薬剤師会のホームページから、JPALSホームページにアクセス

②新規ユーザ登録

③JPALS-IDの交付(メールで送信)

④JPALS-ID、パスワード(新規ユーザ登録時に自分で設定)を使って、システムにログイン


4.JPALSの活用方法

1)PSのプレチェック

 PSの到達目標383項目について、学習状況をチェックする(「学習した」、「学習していない」に振り分ける)作業です。ある時点での学習状況をチェックし、不足している項目を把握することで、PSの中で「学習した」項目と今後学習すべき項目を整理しながら、計画的に生涯学習を進める※ことができます。
 ※「計画」ボタンから、計画を立てることができます。


2)実践記録(ポートフォリオ)への学習内容の記録

 実践記録(ポートフォリオ)に記録する内容は、研修会等への参加、職場での勉強会、書籍やインターネットで調べたこと、e-ラーニングの視聴など、薬剤師としての学習であれば、手段も内容も問いません。実践記録(ポートフォリオ)は自分用に保存しておくことも、本会へご提出いただくこともできます。


3)PS登録

 実践記録(ポートフォリオ)の過程で、その学習内容に該当するPSがあると自己判断できるものがあれば、実践記録のSTEP2「PS登録」で、該当のPSに「学習した」とチェックを入れます。前述のプレチェックでチェックした内容と、このPS登録の内容が合わさった最新の「学習した」PSを、「PS学習状況確認」で確認することができ、学習計画を立てるヒントになります。


4)クリニカルラダー(CL)

 生涯学習継続においては達成感を得ながら進めることも必要であることから、クリニカルラダー(CL)という段階制のステップアップの仕組みを導入しています。CLはレベル1~6までが設定されており、CLレベル1を新人薬剤師程度,CLレベル5を管理薬剤師程度としています。CLレベル5ではレベル5であることを証明する認定証を本会より発行します。
 実践記録(ポートフォリオ)に主眼を置くため、「年間6本以上の実践記録提出」を基本の条件とし、Webテストに合格すれば、CLレベル5まで順次レベルを進めることができます。Webテストは各レベルに振り分けられたPSの中から出題されます。実践記録(ポートフォリオ)の提出が規定本数に満たない場合は、CLレベルが降格する仕組みとなっています。
 CLレベル5に昇格後は、CLレベル5の維持、更新での継続もできますが、CLレベル6に昇格するには、日本医療薬学会、日本病院薬剤師会、日本薬学会、日本薬剤師研修センター、日本薬剤師会の5団体が共同で実施する「薬剤師生涯学習達成度確認試験」に合格する必要があります。JPALS利用者の受験資格、実施概要は下記の通りです。


【「薬剤師生涯学習達成度確認試験」の概要】
◆実施日:試験は年1回、7月の最終の日曜日に実施。(第1回目は2016年7月31日)
◆試験会場:日本薬剤師研修センターのホームページにて周知。
◆JPALS利用者の受験資格:(①、②いずれの条件も満たしていること)
 ①薬剤師免許取得後5年以上であること。
 ②クリニカルラダーレベル5であり、かつレベル5に昇格後、1年を経過していること。
◆試験内容:web試験ではなく筆記試験(マークシート)。日本医療薬学会の認定薬剤師試験に準ずる内容。
 日本医療薬学会ホームページ( http://www.jsphcs.jp/nintei/06.php)に模擬試験、参考文献が掲載されています。
◆受 験 料:20,000円(税別)、日本薬剤師会会員は10,000円(税別)
◆受験申込・受験料振込先:(公財)日本薬剤師研修センター


CL

5)CPDの実践

 国際薬剤師・薬学連合(FIP)は、「継続的な専門能力開発(= Continuing Professional Development)」(CPD)を提唱しています。多くの先進国では,CPDの考え方に基づいて生涯学習の義務化と免許更新が制度化されており、薬剤師職能の維持・向上のために重要な役割を果たしています。JPALSはこのCPDの実践をお手伝いいたします。


【継続的な専門能力開発:4つのステップを繰り返す学習方法】
CPD2CPD

5.システム利用料金、クリニカルラダーレベル5、6の申請(更新)料

システム上で課金します。決済方法はクレジットカード払いまたはコンビニ払いです。領収証が必要な方は、コンビニ決済をご選択ください。CLレベル5と6の申請をした場合に、生涯学習認定証(有効期限:3年)を、発行、郵送します。CLレベル5の初回申請時を起点に、3年毎にCLレベル5またはCLレベル6として、更新の申請および申請料のお支払が必要です。


1)ポートフォリオシステム 

・日本薬剤師会会員…無料
・上記会員でない薬剤師の方…10,000円(税別)/年(JPALS利用登録時より1年)
・上記会員でない薬学生の方…2,000円(税別)/年(JPALS利用登録時より1年)


2)e-ラーニングシステム

・日本薬剤師会会員…当面無料
・上記会員でない薬剤師の方・薬学生の方…各コンテンツの利用料金
(JPALS利用登録時より1年以内であれば、1回のお支払で何度でも視聴可能です。)


3)クリニカルラダーレベル5、6の申請(更新)料

・日本薬剤師会会員…5,000円(税別)/回
・上記会員でない薬剤師の方…20,000円(税別)/回



6.推奨動作環境


ポートフォリオシステム
クライアント対応ブラウザ検証端末
WindowsInternet Explorer 11Windows7 home Premium 32bit SP1 / IE11
Windows8.1 Pro 64bit/IE11
Windows10 professional 64bit/IE11
※Windows8.1、10はデスクトップモードのみ対応しています。
Microsoft EdgeWindows 10 professional 64bit/Microsoft Edge
Google ChromeWindows8.1/Google Chrome
Windows10 professional 64bit/Google Chrome
MacSafari 5.x/6.xMac OS X 10.8 Mountain Lion/Safari5.x,Safari6.x
AndroidOS標準ブラウザAndroid 2.3(GalaxyS)
iPad/iPhoneOS標準ブラウザiOS 5/6/7

e-ラーニングシステム

  ※e-ラーニングをご覧いただく際は、Windows等のパソコンをご利用ください。
   Android、iPad等のタブレット、スマートフォンでは、ご覧いただけない場合があります。

クライアント対応ブラウザ検証端末
WindowsInternet Explorer 11
Microsoft Edge
Windows 7(32bit版もしくは64bit版) / IE11
Windows 8.1(64bit版) / IE11
Windows 10(64bit版) / Microsoft Edge
※Windows8.1、10 はデスクトップモードのみ対応しています。
MacSafari 8.x/9.xMac OS X 10.10 Yosemite/Safari8.x,Safari9.x
Mac OS X 10.11 El Capitan/Safari8.x,Safari9.x
AndroidOS標準ブラウザAndroid4.4、5.0:Nexus7
iPadOS標準ブラウザiOS8.×、9.×:ipad
Windows
Mac
(プラグイン)JPALSのe-ラーニングコンテンツのご視聴には、「FlashPlayer 」(Adobe社)の最新バージョンのインストールが必要です。
こちらからインストールが可能です。
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/